LED照明の欠点に注意!

【欠点1】 最大の欠点は、演色性(えんしょくせい)です。

これは、照明を扱う人たちの専門用語で、一般の人には、馴染みのない言葉ですが、色をどのように演出するか、照明のあたっている物体の本来の色をどのように再現するかという時に使われる言葉です。


私たちの生活の中でも白色蛍光灯の下では、料理が冷たく、不味く見えて、人間の顔が病人みたいに不健康に見えるという経験があると思います。

これが、もっとはっきりとなるのが、LED電球です。
特にLED電球の白色は、明りとしては、充分な明るさを持っていても、演色性に乏しく、寒々しい明りになってしまいます。


どんな物質でも本来の色に魅せる理想的な照明は、太陽です。

あらためて、太陽の恩恵は、すごいものです。

※専門的には、演色性は、Raという単位を用います。

【欠点2】 光の直進性です。

充分な明るさのLED電球で照明していても、直下は明るいけど、周辺は、暗く感じると云う欠点です。これが、街中や玄関などの外の照明として使われる時の欠点です。

 

これは、覆われているガラスの球を乱反射するような構造,材質にするとかの研究がされているので、いずれ克服される欠点ですが、現在のLED電球を購入された人の不満にあげられます。


ただ、ダウンライトやスポットライトなどには、むしろ適しているので歓迎する人も居ます。取りつける場所の適材適所が、肝要ですので、気を付けて購入しましょう。 

 

【欠点3】 何と寿命です。

「えっ?LED電球の良さは、白熱電球や蛍光灯に対して圧倒的に寿命が、長いはずでは?」そうです、白熱電球の300時間、蛍光灯の3000時間に比較して4万時間といわれるLED電球ですから、10倍以上も寿命が長いのが特徴です。

 

しかしこの3万時間、4万時間とは実は、推定値です。LEDは物理的な素子としては、おおよそ10万時間の寿命があると言われています。それを樹脂に封入して製品にすることによって、寿命が短くなります。化学物質の影響や材料の化学変化によって経時劣化が、発生するからです。その経時劣化によって明りが暗くなるのを寿命と云います。

 

ところが、化学変化だからデジタルのように3万時間経過すると切れるということではなく、徐々に暗くなります。あくまでも推定の平均値という時間を表記しているわけです。


日本のメーカーが3万時間と表記している場合は、最低保証値ですから、実際には、3万時間以上は、寿命があると考えても問題は、ありません。しかし、わけの判らないメーカーのLEDは?これが、その3の欠点である、寿命です。

 

LED電球は、単に発光物質を電球の形にしているわけではなく、ハイテクな回路を中に持っています。その回路の中には、半導体とコンデンサなどの部品があります。そして、大きなアルミニュウムの放熱器をもっています。この放熱器とコンデンサの品質によって、寿命は大きく変化します。

 

粗悪品だと白熱電球と同じくらいの寿命という驚くものもあります。特にコンデンサは、日本の匠の部品でないと、とても数万時間の寿命を保証できません。


長寿命のLED電球でも品質が悪いと、とんでもなく寿命が短くなります!