昨年からLED照明も対象に!製造業限定の東京都助成金

昨年からLED照明も対象!製造業限定の東京都の補助金

昨年は、予算が余ったそうです!

ちょっと解説してみました。

電気料金差削減コンサルタント

辻川です。

http://www.rakugaki.co.jp/

「自家発電設備等導入費用助成事業」というタイトルでは、

LED照明が対象とは思いませんよね。

 

公益財団法人 東京都中小企業振興公社に情報が載ってます

昨年からLED照明も対象!製造業限定の東京都の補助金

補助対象機器は、次の6つの設備

(1)自家発電設備(2)蓄電池(3)デマンド監視装置

(4)進相コンデンサ(5)インバータ(6)LEDランプ

 

助成率、助成限度額は、

・中小企業単独    対象経費の1/2以内(1,500万円を限度)

・中小企業グループ  対象経費の2/3以内(2,000万円を限度)

と助成率も限度額も中小企業にとっては充分です。

 

(1)の自家発電設備は、火力発電設備に限定ですので太陽光発電はNGです。

(2)の蓄電池は1kWh以上で、環境共創イニシアチブ(SII)に指定されている大手メーカー製品だけが対象です。(リチウムイオン蓄電池)

ただしSIIの補助率は1/3ですので、補助率は東京都の方が有利です。

(6)LEDランプは、昨年度から対象製品になったようです。

 

ただし(3)〜(6)は、主たる業務として製造業を営んでいるものが、工場の生産現場に導入する場合に限る。と、ここで制限を設けています。

 

補助金を常にウォッチしている人でないと分かりません。

また、ホームページにアップするくらいで、ほとんど広報していません。

 

昨年は、予算が余ったとのこと。

製造業限定で、広報もほとんど行ってないので、それは余りますよね!

 

私見ですが、、、LED照明の補助金は、国、自治体とも来年から廃止、減額になります。

価格も下がり、補助金や助成金で事業及び商品の後押ししなくても普及したの、十分役目を果たしたので廃止、もしくは減額しますとなるでしょう。それと、今年は消費税対策で景気を刺激するために、少々大盤振る舞いしてます。

 

製造業の電気料金削減対策に有効なので、検討してみてはいかがですか?

申請手続きが少々面倒で出来ないということであれば、ご連絡ください。

お手伝いいたします。

 

                           著作:辻川英章

隔月でセミナーも開催してますので、宜しければご参加ください。

↓↓

第3回【5/26 東京】事例に学ぶ電気料金削減セミナー

 

 

この記事が気に入ったらシェアしてください。

↓↓


 

 

ブログの更新情報や節電・省エネの最新情報をアップしています。

↓↓

 

 

ご相談、お問合せは、気軽に電話もしくはメールしてください。

↓↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...