節電ポスターをやめて、お客様が気付かないスマート省エネに!

節電ポスターをやめて、お客様が気付かないスマート省エネに!

今日のブログは長くなりそうなので、後半は次のブログにします(汗) 電気料金削減コンサルタント、LED照明スペシャリストの辻川です。

 

まだまだ「節電に協力してます」などの節電ポスターを貼ってあるお店、事務所がおおいですよね。でも暑かったり、暗かったりとイメージは良くないと思いませんか?

商店の店先や事務所に「節電に協力しています」が貼ってあります。これは電力危機で節電に協力しようと、お客様も好感を持たれていました。

 

しかし、今はどうでしょうか?

蛍光灯や電球を間引きして取り払ったり、消灯したりしていたら、どう思われますか?

 

夏の暑い時にエアコンが効いてなく、暑いお店を敬遠されていませんか?

 

以前書いたブログ【問題】電気料金を削減する方法を3つ 答えてください の、あたりまえな回答のひとつ「①電気を使わない、消す」での節電は、我慢しなくてはならず、非常時には良くてもずっと続けるには無理があります。

 

我慢する節電ではなく、無理なくできる持続可能なスマート省エネを目指しましょう!

 

節電ポスターをやめて、お客様が気付かないスマート省エネに!

オン・オフ節電から、微妙に調節できるスマート省エネへ!

■エアコン

 

家庭用エアコンの「おやすみモード」は当たりまえで、少し涼しくなど微妙に調整できます。微妙な調整は、10年ほど前から発売され始めたインバータエアコンは出来ますが、それ以前のエアコンはできません。

 

このオン・オフは非常に効率が悪く、起動するときに大きな電力を必要で、暖かくなった室内をもう一度涼しくするには大きな電力を必要とします。(暖房は逆になります) 

 

インバータエアコンは、以前のエアコンに比べ70〜80%オフのスマート省エネ機器です。

 

業務用エアコンも、居抜き店舗や賃貸オフィスなどに、まだまだ多く設置されています。新しい物件でも安い中古エアコンを設置してある場合も多いので、確認してください。

 

 

■照明

 

蛍光灯は、明かりをオン・オフだけで調光はできません。

電球タイプはできます。調光のコントローラは壁に埋め込まれています。

 

LED照明は、調光できます。壁のコントローラで調光するタイプは、電球タイプの調光器に無理やり合わせたもので、個数制限があり、光がふらつくものもあります。これはLEDは直流で光り、直流での調光は簡単なのに、壁部分の交流で無理やり調光するためです。家庭用のLEDシーリングライトは、蛍光灯タイプにはなかったリモコンが、必要ないのに付いてきますが、これはLEDを直流で無線調光するのが簡単なので付加価値を高めようと付けていると思われます。

 

詳しくは、知ってますか?「LEDシーリングライトにリモコンが付いている理由」お読みください。

 

そして、こんなすごい商品が発売されました。

10灯でも100灯でも1000灯でも、ひとつひとつのLED照明をスマホやタブレットで調光できるのです。時間設定や曜日設定、年間スケジュールもできます。無線で調光です。専門的ですが配線も不要です。

 

それは、遠藤照明(ENDO) 無線調光システム/ SmartLEDZ 7つの特徴を解説です。

これは、私も販売しています(少し宣伝)

 

例えば、広い工場で商品が積まれているエリアは少ない明かりに!梱包作業エリアは普通の明かりに!精密機器チェックエリアはもっと明るくするなど。この設定をスマホやタブレットで簡単に設定できます。

 

もうオン・オフ節電をやめて、調節できるスマート省エネにしましょう!

このスマート省エネで10〜20%多く電気料金を削減することができます。

 

もっとスマートに省エネする方法もあるのですが、それは次回のブログで解説します。

 

                          著作:辻川英章

 

この記事が気に入ったら、シェアしてください。


 

 

ブログの更新情報や節電・省エネの最新情報をアップしています。

↓↓

 

ご相談、お問合せは、気軽に電話もしくはメールをください。

↓↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...