2013年

11月

03日

【新・照明の常識】ダウンライトLEDに交換、取付け、選び方のポイント

実は、楽画企Webサイトに「ダウンライト」で検索してくる人が一番多いのに、内容が古くて最新事情は違っているのです!

ようやく最新事情ブログとアップできました(汗)

電力料金削減コンサルタント、LED照明スペシャリストの辻川です!

http://www.rakugaki.co.jp/

ゼロエネルギー
2012年6月にブログ「ダウンライトをLEDに交換する、3つのポイントを解説」を書きました。その頃は、まだまだLEDダウンライトの商品が少なく「電球をLEDに交換する」方法として記事を書きました。
 
しかし、その後次々と新製品が発売され、価格も下がり、もう器具ごと交換が主流になっています。そこで、器具ごと交換のポイントを解説することにします。
 
なぜ器具ごと交換なのかは、今年5月のブログ【新・照明の常識】① 電球、蛍光灯は交換が常識 LED照明は交換しないのが常識でも書きましたので、興味のある方はお読みください。
 

ダウンライトの取付け穴による、LEDダウンライトの選び方

LEDダウンライト 取付け穴 種類
①穴径サイズを確認
穴径サイズは60〜300mmまで、大きさは様々です。
 
既存のダウンライトは、照度アップにために大きなサイズが多い。対して同程度の照度のLEDダウンライトは、一回り程度小型のになっています。小さくても大きな光を発することができるからです。
LEDダウンライト 取付け穴 種類
LEDダウンライト種類一覧 出典:遠藤照明    クリックで拡大

小型のLEDダウンライトを取付けるには、スペーサーが必要です。

 

 

断熱材別、適合ダウンライト 出典:オーデリック
断熱材別、適合ダウンライト 出典:オーデリック クリックで拡大
②天井裏 断熱材の有無や材質を確認
一般住宅などは、天井を断熱材で覆っているのもが多いが、ビルなどは少ない。LEDダウンライトは、断熱材で覆われていてもOK、NG両方ありますので、必ず確認してください。
 
【注意】
ダウンライトを交換すると、天井部分に汚れが目につく場合がありますので、汚れを拭き取ることをお忘れなく。交換用として縁のサイズが広くなっている商品もあります。
 
それらの確認の為にも。テスト点灯することをお勧めします。
 
 

LEDダウンライトの選び方

①明かりを選ぶ(配光、色温度、演色性)
 
<快適な明るさを選ぶ>
◯◯W(ワット)から△△△lm(ルーメン)に変わって、ようやく慣れてきたのではないでしょうか。しかし同じルーメンを選ぶと明る過ぎます。(難しいので説明は割愛)ここは「◯◯W相当」で選ぶのが無難です。
 
 
配光3タイプ(狭角・中角・広角)
配光3タイプ 出典:パナソニック クリックで拡大
<配光によっても明るさが違ってきます>
明かりの広がり方を選びます。
 
直下を明るくする中角
広く明るくする広角
ふわっと全体を明るくする拡散
 
部屋をどのような空間にするかにより違いますが、広角か拡散タイプが無難な選択でしょう。
 
 
<色温度 明るさの色を選ぶ>
昼光色 6000K(ケルビン)昼白色5000K 電球色2700K
 
オフィスや学校などの施設は、一般的な昼光色
飲食店など落ち着いた空間にしたい場合は、夕日の灯りの電球色を選ぶと良いでしょう。
色温度別、明かりのイメージ 出典:遠藤照明
色温度別、明かりのイメージ 出典:遠藤照明
<美容院や美術展示会場は、演色性を確認>
演色性は80Ra以上のものにしてください。
 
美容室や美術などの展示場などは90Ra以上にダウンライトにすることをオススメします。自然な明かり(太陽の明かりが100Ra)で見た場合と違って見える場合があるので。
 
演色性は、こちらを参照↓↓
調光スイッチ 出典:パナソニック
<LED専用調光スイッチに交換>
調光にする場合は、LED専用調光器への交換が必要。ただし灯数制限やチラツキ、ビープ音などの問題もあり、私はあまりオススメしておりません。
 
LEDは直流なのに交流で調光するので無理があります。無線調光タイプのダウンライトが発売され始めました。これはオススメです。
LEDランプディスク スペーサー
<器具とLED、一体型と分離型>
電球や蛍光灯に比べ、LEDの寿命が長いので、安価な一体型がオススメです。
 
分離型は、明かりを変えてみたい場合や、テスト点灯する場合などに良いでしょう。角度を変えられるユニバーサルタイプもあります。
のテスト点灯実施例をご覧ください。
<人感センサー>
暗い場所でスイッチを探さなくても点灯するので、老人や体の不自由な方へ優しく、また人がいない場合は、オフになるので節電にもなります。
人感センサー 出典:オーデリック
人感センサー 出典:オーデリック

 

その他、お風呂場や戸外用の防水タイプもあります。

 

このように、ダウンライトの種類、チェック項目が多く難しいのです。。。
 
 
 

取付け方法

LEDダウンライト 取扱い注意 出典:NEC
LEDダウンライト 取扱い注意  出典:NEC    クリックで拡大

このようにダウンライトは種類も多く、専門的な知識が必要なので量販店は一般的な電気店では販売しておりません。

 

また、電球やコンパクト蛍光灯であれば、一般の方でも取替えられますが

『ダウンライトの取付け電気工事は、電気工事士の資格が必要で、一般の方の電気工事は法律で禁止されています。』

 

工務店や電気工事会社は、照明の専門知識を持っている会社は少ないようです。

 

本格的に、照明士や照明デザイナーへ依頼するのも、ひとつの方法です。

 

 

そこまでは・・・という場合や、

節電や電力料金削減も・・・という場合は、

私がお役にたてると思います(笑)

 

どうぞ気兼ねなくお問合せください!                                      著作:辻川英章

↓↓ 

 

 

この記事が気に入ったら、シェアしてください。

↓↓


 

 

facebookページでブログ更新や最新情報をお知らせしています。

↓↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...