電力料金削減対策(マンション編2/3) なぜLED照明のテスト点灯が必要なのか?

電力料金値上げ対策(マンション編2/3) なぜLED照明のテスト点灯が必要なのか?

写真をいっぱい入れたブログに!ちょっと長いけど。。。電力料金削減コンサルタント、LED照明スペシャリストの辻川英章です。

http://goo.gl/kdl6S7

マンションはテスト点灯は必要!

私の見込み違いもあったし(汗)

マンション3部作、完成しました。

 

電気料金削減対策(マンション編1/3)なぜLED照明を選択したのか?

電力料金削減対策(マンション編2/3)なぜLED照明のテスト点灯が必要なのか? 
電力料金削減対策(マンション編3/3)LED照明にして2ヶ月 成果は?

 

マンション現地調査の後、コスモ葛西臨海公園ロイヤルコート「電気料金削減のご提案」(LED照明導入による節電・省エネ、電気料金削減)を提出。そしてLED照明代替節電シミュレーションをし結果、LED照明化をしないことを提言した照明もありました。

 

「電気料金削減のご提案」(LED照明導入による節電・省エネ、電気料金削減)

LED照明化をしないことを提言した照明は、つぎの4個所

①ガーデンライト、庭照明のコンパクト型蛍光灯

文字通りコンパクトで、電球に近づけようた小型形状が特徴です。また口金の種類が多くあります。さらにはLED照明が不得意の全方向配光。

LED照明は全方位配光や高輝度小型が得意ではないので、このタイプはほとんどLED照明さえてません。口金の種類が多いのもネックです。

LED照明にするには、灯具(支柱)を交換する必要があり、とても節電効果で投資費用を回収できません。

②外階段、コンパクト型蛍光灯タイプの壁照明

②外階段、コンパクト型蛍光灯タイプの壁照明

これも①と同じ理由で、LED照明化をしないことを提言

 

③内階段用の非常灯(蛍光灯)

③内階段用の非常灯(蛍光灯)

バッテリー内臓タイプの照明なので、LED照明化にするためには配線変更が必要。しかし万一の時に故障では困り、テストも必要となりますので価格が高くなります。

 

販売されている非常灯は少なく、非常灯のLED照明化は、まだまだ時間がかかると思われます。

④めったに使わない調光機能付き電球

④めったに使わない調光機能付き電球

壁調光スイッチの電球をLED照明にするには、調光対応のLED電球とLED用調光スイッチにします。
それも細かく個数制限があり、日本の大手メーカーの商品でもノイズやチラツキがあるものも!クリスマスやお正月などのイベントで使用するくらいで使用頻度の低く、使用電力量も多くなく、多少は節電になっても、経費節減にはならないのでLED照明化リストから外しました。

これら①②③④は、無理をしてLED照明化しても初期投資費用対節電効果が少ない、つまり経費削減効果が少ないので、LED照明化せずにしばらく様子を見ることを提言しました。

次に工事に入る前に、テスト点灯を実施しました。

テスト点灯を実施したLED照明は、次の2個所

 ①エントランスのLEDダウンライト

テスト点灯を実施するので、遠藤照明の脱着・交換可能LEDランプのダウンライトを選択しました。
 

100mm 8.7Wタイプと、75mm 5.5Wのそれぞれ中角配光、広角配光、拡散配光で実施しました。大きな100mmタイプタイプの広角か拡散タイプが良いのではと、思っていました。

 ①エントランスのLEDダウンライト

ところが藤江理事長から「100mmは明るすぎますね!75mm拡散タイプのサンプルはないのですか? その方が4.9Wで消費電力も少ないので・・・」と要望があり、サンプル点灯してOK!

マンション管理士の資格を持っている藤江理事長は、ネットで詳細に調べたようです。築17年で「明るいことは良いこと」時代のマンションは、大きいダウンライトを多く使用していますが、コンパクト蛍光灯が古く照度が落ちていたので、それとの比較で十分明るいとのことでした。

住民も「前より明るい」という意見が多かったようです。

*ダウンライトの交換は難しいので、そのコツを別途ブログで解説します。

②各戸の玄関前LEDペンダントライト

理事会で、丸型蛍光灯タイプの大きな昼光色から、小さな電球色のLEDペンダントライトに変更することを提案しました。レンガ壁のマンションなので電球色に変えることにより、高級感を感じてもらえると思ったからです。昼光色が良いとの意見もありましたのでテスト点灯を実施しました。

②各戸の玄関前LEDペンダントライト

 

入居者からも好評だったので電球色で決定し工事したところ、私の予想通り、住民だけでなく近所のマンションからも素敵だと好評のようです。「辻川さんから提案してもらわなければ、疑問もなく昼光色にしていたと思います。提案してくれてありがとうございます。」と、嬉しいですね。

蛍光灯は昼光色で、電球色にすると高価な商品になります。白い蛍光灯が普通なので疑問もなく、また反対もないので、施工業者も安価な蛍光灯タイプのペンダントライトをポンと付けることが多かったのではないでしょうか。

マンションLED照明化には、テスト点灯が必要な理由

①LED照明と従来の照明とでは、明るさのイメージが違う

蛍光灯や電球は「明かり」LEDは「光り」この違いにより、こんなはずでは・・・ということが頻繁にあります。実際に点灯して、その違いを理解してもらう必要があります。

②入居者に事前にLED照明に替わることを、実感し納得してもらうことが必要

会社組織であればオーナーや担当者の承認があれば、組織内での問題です。
しかし多くのオーナー(入居者)がいるマンションは、事前に周知することで施工後のトラブルを少なくなります。

③私自身の見込み違いを防ぐため

それと急増してるLED照明を、私自身が全て把握しているわけでなく、見込み違いもあります。
私自身の勘違いを防ぐこともテスト点灯が必要な理由でもあります。

私の大失敗!エントランス正面のユニバーサルスポットライト!

エントランス正面のユニバーサルスポットライト

 

角度が変更できるユニバーサルダウンライトを選択したのですが、大きな花になると照射角度と方向変更の角度不足で花全体が明るくなりません。マンションの方たちが毎日見るので、こだわりがあるとのこと。従来のLEDであれば明かりが広がるのですが、LEDは微妙に違います。プルダウン方式のダウンライトに変更しました。これは完全に私の選択ミスです。こんなこともありますので・・・私も間違います。

 

 

 

コスモ葛西臨海公園ロイヤルコートのLED照明工事は、無事に完了です

無事にLED照明化工事、完了です!

工事は、私の信頼している町の電気屋さん京王電業社に依頼。阿部さんがテキパキと指示して2日間を予定していた工事を、ほぼ1日で完了させてくれました。ありがとう!

 

 

 

堀江理事長、管理人の高井さん、ありがとうございました。

 

 

 

次回の電力料金削減対策(マンション3/3)LED照明化2ヶ月後の成果は?
では、藤江理事長のインタビューをアップいたします。

 

                              著作:辻川英章

 

 

LED照明、ダウンライトのこと、お気軽にお問合せください。

↓↓

 

 

この記事が気に入ったら、シェアしてください。

↓↓


 

 

ブログの更新情報や最新情報をお知らせしてます。

↓↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 1 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    Evan Hafer (木曜日, 02 2月 2017 11:01)


    Ahaa, its fastidious discussion about this piece of writing at this place at this web site, I have read all that, so at this time me also commenting at this place.