ガソリンスタンド過疎地拡大 そして水素ステーション始まる!

ガソリンスタンドから、水素ステーションへ!

下手なイメージ図を書いてみました!

電力料金削減コンサルタント

LED照明スペシャリストの辻川です。

車はEVを飛び越えて、水素燃料電池で走る時代に!

 

「ガソリンスタンド過疎地」拡大 商習慣の見直し求める動きも (サンケイビズ) http://bit.ly/11br8zH

 

ガソリンの値下げ競争で、倒産廃業でピーク時の4割減。東京に住んでいると不便は感じませんが、地方では町で1件しかないところもあるようです。

 

ガソリンに代わり、電気自動車用のEVステーションがショッピングセンターや駐車場などで見かけるようになりました。トヨタの地元の中京地区では、コンビニEVステーションが多くなっているようです。

 

以前に比べ、コンビニの駐車場が広くなってるのは、EV充電スペースも考えてこともあるようです。

 

そしてこんなニュースが!

「天然ガススタンドに「水素」を併設、東京ガスが首都圏で2カ所建設 」 ttp://bit.ly/12CwOwr

 

電気の次は、水素ステーション!

 

 

ガソリンスタンドから、水素ステーションへ!

 

 

水素で走る燃料電池車の給油・・・じゃなくて給水素ステーションです。

水素は電力会社から、ソーラー発電から、発電ユニット(天然ガスやLPG)からの電力で作る方法と、水素はバッテリーと同じで溜めることができるので、運搬する方法もあります。 

私のブログ→電気は蓄電して運ぶ時代に!?電気運搬トラックを初めて見た! 

 

おそらく10年後は、電気自動車ではなく燃料電池車が多くなっていると思います。

 

ところで水素燃料電池は、どんな原理か知ってますか?

化学の実験で水(H2O)の電気分解をやったことが・・・覚えてない、

つまり、その逆で水素(H)に空気中の酸素(O)を加えると電気が発生する。。。

 

 

燃料電池の原理
出展:一般社団法人日本電機工業会

 

 

難しいかな。

 

詳しくは、こちらを! 

燃料電池発電システム│新エネルギーシステム JEMA 日本電機工業会 http://bit.ly/11Vn98Y


燃料電池車から排出されるのは「水」だけなので、ガソリン車のように排気ガスを出さないクリーンなエネルギーです。
 
しかし、過疎地は困りますね。ガソリンスタンドがなくなると灯油の配達もできなくなってしまいます。でも過疎地こそ、灯油ではなく自然エネルギーに切り替えて、余った電力を販売して収益を受けられるように行政も考えて欲しいと思います。自然というエネルギーがいっぱいあるのですから、それを生かして欲しいですね!
                               著作:辻川英章


記事が気に入ったらシェアしてください。
↓↓

 

 

ブログの更新情報のお知らせや、最新情報をアップしています。

↓↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。