【新・照明の常識】④LED照明や家電製品の管理システム(HEMS)対応の無線通信規格 Wi-SUNがやってくる!

この先は、どうなるんだろう? 心配じゃなくて、

未来を想像したり、空想するのは楽しいですね!

電力料金削減コンサルタント LED照明スペシャリスト 楽画企の辻川です。

http://www.rakugaki.co.jp/

光源がLEDになったことと、電力自由化で、照明は激変です! この先が楽しみです^^

5月23日、こんな発表がありました。

↓↓

NICT、スマートメーター規格「ECHONET Lite/Wi-SUN」準拠の無線機を開発 | 開発・SE | マイナビニュース http://bit.ly/17aP20F

 

簡単にいうと、ハウス(ビル)内の電気を消費する空調、電気製品、照明も全て無線でコントローする国際規格(ECHONETLite と WiSUN)に適合した機器を初めて作った。作ったのは国の機関、独立行政法人情報通信開発機構(NICT)だということです。

 

こんな感じでテレビ、エアコン、そして照明もぜ〜んぶ無線で繋いで電力マネジメントをしてしまおう!ということです。

 

 以前、このブログで壁スイッチよりリモコンで調光(節電、電力コントロール)したほうが簡単!

↓↓

知ってますか?「LEDシーリングライトにリモコンが付いている理由」  http://bit.ly/14S0072

 

しかも、そのリモコンもなくなるよ!

↓↓

【新・照明の常識】③ 照明のオン/オフのスイッチもリモコンもなくなる!  http://bit.ly/14Gbbio

と、解説しました。

 

そして、これからは無線で自動、遠隔コントロールするようになります。

 

自動とは、部屋の明るさにより、夕方は少し明るく、夜はもっと明るくして、9時を過ぎたら「さくら色」にするとか。。。

遠隔とは、帰宅途中でエアコンスイッチON! ビデオ録画ON!にするとか。。。

 

スマホ1台で、家の中の家電製品すべてコントロール!

 

未来というか2〜3年後には、こんなことは当たり前になり、もっと考えられない便利なことも! みなさんもアイデアを考えて発明しちゃってください。

 

それで、

【新・照明の常識】④LED照明や家電製品の管理システム(HEMS)対応の無線通信規格 Wi-SUNがやってくる!

 

これからは照明メーカーも、販売店も、工事屋さんも、建築屋さんも、照明士さんも、電力やネットワークに知識が必要になります。 大変な時代になったというより、そこにビジネスチャンスがあり、もっとワクワク面白いことができそうだということです。

 

実は、先日、通信会社と照明メーカーとの技術ミーティングを十数人でおこないました。

 

次回の【新・照明の常識】はスマートメーターについて、解説しようと思います。

上の図 ↑ の家の軒下に「Smart Meter」がありますよね。これです。家の外の話です!

 

                             著作:辻川英章

 

この記事が参考になったらシェアしてください。

↓↓


 

 

ブログの更新情報をfacebookページでお知らせしています。

↓↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。