2013年

4月

16日

【最新事情】ダウンライト LEDランプ交換で、誰でもできる明かりの演出

LEDダウンライト ランプディスク

ブログに書きたいことが溜まってるのに体調崩してしまった

節電・省エネ、LED照明コンサルタントの辻川英章です。

http://www.rakugaki.co.jp/

 

私のところへの問合せベスト3に入る、

ダウンライトの選ぶポイントを解説します。

ダウンライトのことをブログで何回か書いてますが、その中でも検索で多いのが次の2つ!

 

ダウンライトをLEDに交換する、3つのポイントを解説 -http://bit.ly/NIIcGn

【最新事情】LEDダウンライト 性能アップで代替不能も! - http://bit.ly/XCmEOz

 

この2つは、機構的な注意点を下記ました。

一歩進んで「明るさ」をどのように選ぶか、そのポイントを解説します。

 

ダウンライト ランプディスク

現在のLEDダウンライトを大別すると、概ね次の3種類です。

 

既存ダウンライト交換型LEDランプ

 灯具はそのまま、それに合わせたLEDランプのみを交換するタイプの初期バージョン

灯具ランプ一体型LEDランプ

 灯具とLEDを一体型にした安価バージョン

ワンタッチ交換型LEDランプ

 空間状況よってワンタッチ交換できる最新バージョン

 

では現在種類が最も多いENDOを例に説明します。

 

サイズは直径により次の3種類(種類により多少、消費電力が違います)

100mm  8,7W

 75mm  5W

 45mm  3W

 

色温度は次の2種類

4000K ナチュラルホワイト

3000K 電球色タイプ

 

配光は3種類。これはLEDだから簡単にできるようになりました。

①拡散配光

②超広角配光

③中角配光

 

ENDO LEDZランプディスクの種類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにシチュエーションにより、光の配光を変えることができます。

 

①拡散配光

 直進性の強いLEDの光を、空間全体が明るくなるようにカバーにより光を拡散させます。

 それにより全光束(ルーメン)が弱くなります。

②超広角配光

 直線性の強いLEDの光を、広角に広げて広範囲に床を明るくします。

 壁の反射を利用できない広い空間には適しています。

 

③中角配光

 配光が狭いですが下方への光が津強く、天井が高い場合に適しています。

 スポットライト的に床に光の輪をつくるなど演出ができます。

 

夏は、クールにナチュラルホワイト、光の輪ができる③中角配光!

冬は、暖かい電球色、空間全体を明るく①拡散配光

 

季節によって変えてみるのも楽しいですね!

                                                        著作:辻川英章

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。