2013年

4月

09日

エネルギー使用合理化事業者支援補助金 事前準備&交付決定ポイント解説

エネルギー使用合理化事業者支援補助金 事前準備&交付決定ポイント解説

セミナーはスペシャル・サポートメンバーの私、辻川英章及び株式会社えこでん代表取締役久我和也より、概要解説をいたしました。

 
二人の紹介及び補助金の概要及びはこちら

 http://epower-management.com/hojyo/


 

アベノミクス大型補助金 25年度310億円(政府決定)


昨年12月の衆議院選挙のため25年度の予算成立が遅れ、25年度の暫定予算(4/1〜5/20)が3月29日にようやく参議院で可決決定されました。本予算は4月末に国会での可決が予想されますので、この補助金事業も昨年(4月20日公募開始)よりも遅れることとなります。


しかし同日、経済産業省(資源エネルギー庁)より補助事業者(執行団体)が下記但し書きつきでSIIに決定されました。


なお、本件は、平成25年度予算成立等の後、速やかに補助事業を開始できるようにするため予算の成立等の前に募集の手続を行ったものです。したがって、平成25年度予算の成立等が前提であり、かつ、今後内容等に変更があり得ることをあらかじめご了承ください。

引用元: 資源エネルギー庁 調達情報.


つまり予算の執行は5月20日以降ですが、本予算の大幅な遅れに対応するために公募はその前の5月連休後の開始が予想されます。申請書作成に必要な調査及び資料作成を短い公募期間内での作業完了は難しいですので事前調査及び資料作成をされることをお勧めします。


 

事前準備&交付決定ポイント解説

 

2011年度から、公募の執行をそれまでのNEDOからSIIに変更になり、省エネ事業の普及促進されることになりました。そして東日本大震災以後の昨年2012年度より採択決定案件が大きく変わりました。


採択案件件数が3倍に増加し、1採択案件あたりの金額が3000万円と以前に比べ少なくなりました。さらに従来になかったLED照明が半分以上を占め、また空調関連も4割近くあり、電解槽やハイブリッド機関車など重厚長大な案件から大きく変わりました。


さらに昨年はパチンコ事業、ボーリング事業など娯楽施設も採択され業種も様変わりしております。詳しくは下記SlideShareをご覧ください。


なお、4月後半から5月にかけて少人数限定セミナーの開催を計画していますが、すでに補助金申請フルサポート依頼を受けて事前調査を開始しており、またマンパワーの限界もあり、今回のエネルギー補助金案件は限定10案件とさせていただいておりますので、お早めに申込みされることをお勧めします。


補助金のご説明及び補助金申請フルサポートの受付は、随時おこなっておりますのでご連絡、ご相談ください。

 

                                                  著作:辻川英章

 

woodpecker-mini
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。