2013年

3月

24日

【内照式看板LED 】ADライトに+JUSTYさんが7つのダメ出し改良指示!感謝!

+JUSTY矢島、楽画企 辻川

+JUSTYさんの看板施工現場へ!

気付きも多いけど、事件もおきます・・・

節電・省エネ LED照明の楽画企 辻川英章です。

http://www.rakugaki.co.jp/

 

現場に着く前に事件はおきました(汗)

「イマダブツ到着セズ、至急カクニンサレタシ!」

 

事件1) ADライトが届かない!

午後に施工なので午前中必着指示を出していたのに、12時過ぎても届かない。佐川急便に午前中配達指示漏れ・・・1時過ぎにようやく到着(汗)

 

それから私も急いで現場に駆けつけたら、もう工事が始まっていました!

 

まず灯具及び安定器撤去。ADライトは色むらの原因になる灯具不要、クリップにハメるだけ。

 

事件2)ビス穴3.2ミリではなく、5ミリが良い。
工事屋さんは4.2くらいのネジ止めが通常で、3.2ミリだと新しくビスを用意したり、持ってない時は穴を大きく削る必要がある。ADライトは軽く設計上は3ミリで十分でしょうが、現場では5ミリが良い。

(*金型修正の検討課題とします。)

事件3)シール貼付け箇所からの照射が少なくなってしまう。
シールを貼ってあると、その面を裏側にしないといけなく、少々面倒。

(*もともと照射しないサイド面貼付け、看板面照度には問題ないと判断していますす。)

事件4中央部分の繋ぎにLEDが1個分がなく、照射不足で色ムラが心配。
580mm基板ユニットを2個繋いで1140mmにしていて、繋ぎ目部分がLED1個分少ない。

(*その後、夜に点灯テストした結果は、看板面への影響はない。)

事件5)チラツキがある。
デジカメで写真を撮るとよくわかるのですが、キレイな整流でないので電流の強弱によりチラツキがある。上の写真でも光が強いところ、弱いところがありますが、肉眼では全くわかりません。

(*長時間看板の光の下でデスクワークする人は皆無では? 注意書き記載と検討)

事件6)LEDの経年変化による照度のバラつきにより看板面が「もやもや」とした状態になるのでは?
コンビニ天井などにLEDが直接ズラッと見える、アレです。

(*看板面で光りが分散されるので問題ない。ただし品質向上のため検討課題とする)

事件7)設計上は本数を少なくしても大丈夫だが、看板屋さんは不安。
今回も蛍光灯10灯をADランプ6灯推奨でしたが8灯にしました。ADライトに慣れていないので少なくするのに抵抗がある。

(*看板面の照度マップシミュレーションも必要か?今後、前向きに検討)

+JYUSTY http://www.justyweb.com/ 矢島さんから、いっぱい指摘されました(大汗)
しかし、こうやって指摘していただけるのは、本当にありがたいことです!
ビスの穴径などは開発段階でADライトは軽いので3.2mmで良いのでしょうが、現場の作業性を考えると5mmなど、指摘されないとわからなことです。

矢島さん、大変ありがとうございました。

完成後の写真も送っていただいたのですが、近日新しくデザインして設置よていのこと。
新しくしたら、アップします!!!
                          著作:辻川英章

ADライトのお問合せはこちらから
 ↓ ↓ ↓  
内照式 両面看板用LEDライト ADライト

NEW 

看板屋さんが作った内照式看板専用LEDライト

灯具不要、配線不要、工事カンタン、

色むらナシ、広配光なので灯数減!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。