【最新事情】LEDダウンライト 性能アップで代替不能も!

LEDに代替えが難しい、二世代前のダウンライト

1週間、ブログをサボっていた(汗)

節電・省エネ LED照明の楽画企 辻川英章です。

http://www.rakugaki.co.jp/

 

昨年、現地調査したマンションのダウンライトです。

築15〜25年位経過しているマンションに多いダウンライト。

結局、LED代替えは保留になりました。

 

このタイプとは、

1)コンパクト形蛍光灯

2)取付穴175mm以上

のダウンライトです。

 

LEDに代替えが難しい、ダウンライト

 

1)コンパクト形蛍光灯

 

型番がFPL、FDLで始まるコンパクト型蛍光灯です。

 

FPL(2本タイプ)のLEDダウンライトは時々見かけます。

しかしこの形状をLEDにするのは難しいですし、短いタイプは割高になります。

 

FDL(4本タイプ)のLEDダウンライトは販売されていません。

この形状も、発行原理もLEDには不向きというか、LEDの良さを発揮出来ません。

 

 

では灯具ごと替えましょう!

ところが、そこが問題なのです。

 

 

2)取付穴175mm以上

 

LED照明は発光効率がアップしてきており、小型化になってきています。

LEDダウンライトで175mm以上となると、店舗や各種施設などの天井が高いところのものになり、高輝度で明るくなります。マンションや住宅など低い天井に取付けると、明るすぎ、節電にもなりません。

 

現在は100、125mmが主流なので、取り付けようとすると穴が大きすぎる!

穴をは小さくできないので、ワンサイズ小さな灯具を取付けるホールカバーというものがあります。しかしワンサイズですので150mmまでです。

 

無理やり、LEDダウンライト(150mm)+ ホールカバーにすると、明るすぎるのともうひとつ難題があります。高い天井用なので配光が狭く、エリア全体が明るくならないという問題があります。

 

もうひとつ方法があります。天井そのものを替える方法です。

こうなると代替えではなくなりますね(笑)

 

経験と発想の転換で解決する方法もありますが、キリがないので、この辺りで解説はやめます。

 

                                 著作:辻川英章

 

 

ダウンライトを代替え購入をお考えのかたはご相談ください。

  ↓ ↓

ご購入問合せ

 

LED照明んどのご購入をお考えの方は、

こちらから!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。