2013年

1月

20日

【国連会議】蛍光灯も2020年までに製造、輸出入禁止に!水俣条約と命名に思うこと

蛍光灯 2020年までに製造、輸出入禁止に!

水銀に汚染された阿賀野川のハゼを食べていた、

節電・省エネ LED照明の楽画企 辻川です。

http://www.rakugaki.co.jp/

昨年2012年に日本国内での白熱電球の製造は全て終了したのに続き、こんどの国連会議で、水俣病の原因になる水銀を使用した体温計や電池、蛍光灯などの使用及び輸出入が2020年までに原則禁止に。また条約名を「水俣条約」とすることで合意。

ゼロエネルギー

高校まで阿賀野川と信濃川に挟まれた新潟県新津市(現:新潟市秋葉区)で育ち、兄に連れられて、よく阿賀野川にハゼ釣りに行っていました。

 

釣り竿なんか要りません。釣り針を100個くらい付け、えさのミミズを付けた凧糸の先に石を括り付け、川に向かって投げ込みます。それから焚き火をし、ちょっと拝借した(ごめんなさい)トウモロコシを焼いて食べたり、泳いだりして遊んだあと凧糸をたぐり寄せると、釣り針に10センチくらいのハゼがいっぱい掛かっていました。

 

それを家に持ち帰り、夕ご飯は山盛りのハゼの唐揚げです。

 

夏休みだけでしたので幸い水俣病にかからず、まだ生きてます。

でも、しばらくしてネコがヒクヒクしながら死んだり、原因不明の病気で亡くなったりし、水銀が原因の水俣病だと判明しました。

 

NHKニュース:水銀規制条約まとまり“水俣条約”に http://bit.ly/13PpAK5

熊本のニュース:「被害繰り返さぬ」水銀規制「水俣条約」合意-http://bit.ly/VEhT5z

新潟のニュース:水俣条約の効果に期待|新潟日報netpark http://bit.ly/WfdYJW

 

実は先月、照明についていつも教えてもらっているat light laboratory - 照明プランニング、コンサルティングの立川敦子さんに、CCFL管について相談を持ちかけたところ、ヨーロッパでは水銀が規制されCCFL管なんか、もうありません。水銀はもうすぐ規制されますよ!と警告されたところでした。

 

CCFL管は、簡単に調光できるので液晶テレビやノートパソコン液晶ディスプレイのバックライトとして使用されていました。最近では蛍光灯より省エネでもあるので、直管形LEDランプとともに代替え使用されています。

 

微量とはいえ体温計、水銀電池、蛍光灯、そして工場などの高天井照明の水銀灯など使われています。

 

放射能も拡散すると怖いですが水銀も同じ。

地球温暖化もそう!どんどん地球が壊れていくようでたまりません。

 

私は人生の半分以上は生きてしまいましたので、少しぐらい人生が短くなっても構いません。

でも子供たちのために、地球を大事に健康にしていきたいですね。

 

 

節電・省エネ LED照明のことはこちらからお問合せください。

   ⇩   ⇩   ⇩

お問合せ

 

 

 

 

facebookページLED照明活用術 楽画企はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もよろしければ!
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa

 

投稿 辻川英章

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。