DIALux 世界標準3D照明設計ソフトのスゴさを体験!

DIALux 世界標準3D照明設計ソフトで、私のオフィスを動画で作成

正月休み返上でDILuxソフトと格闘してた、

節電・省エネ LED照明の楽画企 辻川です。

http://www.rakugaki.co.jp/

 

ドイツ生まれのDIALuxは、22カ国語対応の世界標準3D照明設計シミュレーションソフト。

ゼロエネルギー

世界中の照明メーカーが、専用のiesデータを提供しています。

しかも資金援助をして無料で配布している素晴らしいソフトです。

 

1年前までは、ネットで検索しても日本語で解説している人は数人程度。

日本語対応になって使えるようになったのは2〜3年前だから、扱える人も限られました。

 

専用データを提供している日本企業は遠藤照明くらいでしたから、当然ですね。

 

今回、新設工場のLED照明配光シミュレーションをDIALuxで作成しましたので、

私のオフィスも作ってしまいました(笑)

 

その機能を紹介します。

 

DIALux 画面

 

と言っても機能がありすぎるので、今回はさわりの部分だけにして、解説は何回かに分けてブログで紹介しようかと(予定)思います。

 

最初は机などの作業面照度を確認するソフトかと思って操作し始めましたが、なんと部屋や建物を作って空間全体の配光をシミュレーションできる、優れものでした。

 

DWG DXFデータを取込むことができるので、建築設計データを入れれば空間を作れます。

 

ビューは3D、2Dもあります。

 

DIALux 2D操作画面

 

説明しきれないので、おもだった項目だけ列挙します。

 

---------------------

・販売されている照明を使用したシミュレーション

・照度設定による自動配置機能あり

・照明の高さ、位置(埋込、吊り下げ)だけでなく左右上下の向きも設定あり

 

・屋内だけでなく屋外や道路の照明設計機能もあり

・床、天井、壁の材質、反射率を設定可能

・工場、オフィスビル、一般家屋などのデータも用意されている

・机、いす、など屋内設備も用意されている

・緯度経度設定、日時設定でのシミュレーション機能あり

・DWG DXFファイル読込み機能あり

 

・提案書作成機能あり

・ウォークスルー、ビデオ映像制作機能あり

------------------------

 

これは、作業時間10分で作った私のオフィス映像です(笑)

 

 

また、照度計算した提案書作成機能の抜粋です。

 

DIALux 照明器具データ表
DIALux 照度分布 総括
DIALux カラーレンダリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DIALux のダウンロードはこちらから

http://www.dial.de/DIAL/en/dialux-international-download.html

DIALux evo1は、英語版のみです。

 

facebookページもありますが、英語です・・・

https://www.facebook.com/DIALux.support?fref=ts

 

遠藤照明にも簡単な紹介ビデオがありますので参考に!

http://www.endo-lighting.co.jp/job/three_d/index.html

 

 

 

一緒にやってみませんか!? 私のfacobookへメッセージしてください!

https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa

 

 

照度設計をご要望の方はこちらまでメールをください。

  ⇩    ⇩    ⇩

お問合せ

 

 

 

 

facebookページLED照明活用術 楽画企はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もよろしければ!
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa

著作:辻川英章

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。