2012年

7月

23日

オリンピック開催地ロンドンは、電柱が1本もないのを知ってますか?

電柱のないロンドン

オリンピック最終日のマラソンが楽しみな、

楽画企(らくがき)の辻川英章です。

ロンドンの電柱はすべて地中に埋め込み、

地上には1本もないのは本当なんです。

電線だらけで景観が悪くなるから・・・

ではないのです。

世界の電流はどうなっているんでしょう?

国土交通省道路局 | 道の相談室 http://bit.ly/SOLLtf

ロンドン、パリ、香港は100%無電柱化。

ベルリン98%、シンガポール86%、ニューヨーク83%。

東京23区(市街地等の幹線)で49%、東京23区(市街地等の全体)では、たったの7%です。

 

電線だらけの東京

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:国土交通省道路局

以前のブログ『電力と電話と有線放送と・・・なんでこんなに電線が多いんだろう~』
でも書きましたが、東京は電線だらけ!

電線だらけの東京

ロンドンの電気は、何のために使われたのでしょうか?  答えは「街灯」です。

ロンドンでは犯罪防止するために「ガス灯」が、先行して設置されていました。
後発の「電燈」と条件を同じにするために地中化を義務づけたのです。

日本のように電線が、うじゃうじゃなのは世界中でも日本くらいではないのかなぁ〜

マラソンを見るのも、走るのも大好きで今からワクワクしている、楽画企(らくがき)辻川英章でした!

 

お問い合わせはこちらまで!

  ↓  ↓  ↓

LED照明節電試算サービス - LED照明の楽画企 

 


アメブロはココです。
http://ameblo.jp/tsuji-pon/ 
twitterもやってます!
https://twitter.com/LEDlightingJP 
facebookページ「LED照明活用術 楽画企」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もよろしければ(^^)
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa . 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。