2012年

5月

24日

調光タイプのLED照明に代替えチェックポイント!私も失敗(汗)

こんにちは!

LED照明は調光が苦手ですと、以前ブログにも書いたつもりでしたが書いてませんでした。


スポットライト ミニハロゲン代替5W - LED照明の楽画企 http://bit.ly/HUHbBP

ホテルや飲食店など調光タイプの照明を使ってますが、蛍光灯タイプではなく、一般電球やダイクロハロゲンタイプです。

それを調光タイプLEDスポットライトに変えたら、チラつく!とかスムーズに暗くならない!
など欠陥商品だとクレームになる場合があります。


これはレギュラーガソリン仕様の車にハイオクを入れ、馬力が出るんだけどエンジンの調子がおかしい!
このハイオクは欠陥ガソリンだ!と言っているのと同じ事なのです。

既存の調光タイプの照明はほとんどの場合「交流電圧」を変化させ、明るくしたり暗くしたりします。

放電原理を利用した蛍光灯や、直流で光るLEDは「交流電圧」を変化させると不具合が生じます。
(技術的なことは省きます)


【白熱灯用の調光器にLED照明を取り付ける場合】

①調光器の型番を調べて、調光タイプのLEDに対応しているかどうか調べてください。
②「個数制限」以内の個数にする。  
  1個、3個、6個、8個など個数制限があります。 ゼロ個というのもあります。

②必ず「調光タイプ」の照明にすること!
  LED照明は「調光あり」「調光なし」タイプがあります。

例)調光可能型LED照明、接続台数表(パナソニック) http://bit.ly/KhImj4


【LED照明用の調光器にLED照明を取り付ける】

LED照明用だから大丈夫とは限りません!!!  
基本的には上記①②③をチェックする必要があります。  数量制限もあります。
それに調光方式により微妙に違うので厄介です。 (上記のパナソニックリンク参照)

パナソニックを例にして説明しましたが、調光器とLED照明を違うメーカーの場合は、もう経験とノウハウです!

一般の人もわかるような説明になっていないですね(汗)


【もうひとつ】 昨日の私の失敗です(涙)

灯具の物理的な形状に取り付けられるかどうかです。



昨日、納品に行ったら、点かない・・・

新規飲食店の施工工事業者に先週サンプルを渡し、確認をとっていたのですが、微妙にヒートシンク部分が灯具にぶつかるようです。

口金E11/E11ソケットアダプターで30mm伸ばすこともできますが、灯具部分を少し削って対応することにしました。

プロの電気工事屋さんでも新しいLED照明のノウハウをもっているところは、ほんと少ないです。

(結論)
調光タイプを量販店などで買うときは、失敗することを覚悟して買ってください。
そして決してLED照明が不良だからと思わないでください。

わからないときは私にお問合せください。 失敗するときもありますが(汗) 


アメブロはココです。
http://ameblo.jp/tsuji-pon/ 
twitterもやってます!
https://twitter.com/LEDlightingJP 
facebookページ「LED照明活用術 楽画企」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もよろしければ(^^)
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa .  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。