もったいない~(LED、電球、蛍光灯)エネルギーロス比較

LED、電球、蛍光灯はどれも明るいけど、実は人間には見えないだけで、それ以外にもエネルギーとして出ているんです。

人間が見ることの出来る光の波長は、おおよそ360,400~760,830nm(ナノメートル)くらいです。

それ以外の波長は人間には見えません!

LED照明、白熱電球、蛍光灯はそれぞれこんな感じです!



それより波長が短いと紫外線、長いと赤外線になります。

次のSlideShareを見てください! 



白熱電球が出しているエネルギーの中で、見えているのはほんの一部で、大部分は赤外線となって出てきています。

白熱電球は、熱いのはこのためです! それとよく見て下さい。

紫外線近くより、赤外線の近くの方がエネルギーが多く出てますよね。 赤っぽい明かりが多く出ているということです。

「電球色」ということです・

次に蛍光灯を見てください。 白熱電球より無駄なエネルギーは少ないですね! 良いことです。

それより、もっとエネルギー効率が良いのがLED照明なのです。



白熱電球をLED照明に替えると、エネルギーは「1/5~1/8」くらいで同じ明るさになります。

蛍光灯をLED照明に替えると、エネルギーは「約1/2」で同じ明るさとなります。

LED照明に替えるなら白熱電球からです。。。。。トイレと玄関と・・・ちょっと待った!

点灯時間も計算に入れないとダメです。詳しくは↓これを見てください。

蛍光灯をLED照明代替へ節電、節約の計算方法(LED照明 カンタン解説)

カンタンに解説しているつもりですが、わかりましたか???



--------------------------------
アメブロはココです。
http://www.ameba.jp/ 
twitterもやってます!
https://twitter.com/LEDlightingJP 
facebookページ「LED照明活用術 楽画企」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もよろしければ(^^)
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa . 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。