庇と縁側と障子のある家に住みたい!それとLED照明ね!

私の子供の頃からの夢は、縁側ある家の障子を全開して、浴衣を着て、座布団を二つ折りにした枕で昼寝を楽しむ・・・

ところが今住んでいる安っぽい家は、縁側どころか庇(ひさし)もなく、冬寒く夏暑い冷暖房完備の家です(涙)

夏は庇で暑い太陽の光を遮り、冬は家の奥まで日が差し込み、縁側で反射された光は家の奥まで明るくする。

障子を閉めれば、反射した光は障子という「面発光」照明で部屋の中は明るい。 和の匠です。



 
部屋が明るいと感じるのは、カベなど目に見える部分の明るさが重要です。 

カベが白いと光が反射して明るく感じます。 黒カベは光が反射しないので、明るく感じません。

LEDの光は直進性が強く、天井にそのまま点けると畳など直下は明るくなりますが、天井やカベに光が届かないので暗く感じます。

これがLED照明の欠点です。

障子は、最高の面発光、つまりカベ全体を明るくします。
障子は、陽の光を取り込んで柔らかい拡散光を作り出します。
適度な断熱性、通気性もあります。

やっぱりカーテンではなく、障子がいい! 
欲を言うと南側に落葉樹を植え、夏は葉で日光を遮り、冬は葉が落ち明るい光が射し込む。

冷房嫌いな私は、こんな家に住みたい。。。



-------------------------------------
アメブロはココです。
http://www.ameba.jp/ 
twitterもやってます!
https://twitter.com/LEDlightingJP 
facebookページ「LED照明活用術 楽画企」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もよろしければ(^^)
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa . 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。