ダウンライトをLEDに替えるときには、光の強さと照射角度に注意!

自宅近くのマクドナルドが新装開店の伴い、照明をLED化!

明るくなりました。でも明るくなりすぎ!

 


Wifiがつながるので、ひとりでカウンター席に座り、iPadをON!

でも、光が反射して画面が見えない! 

角度を変えたり、置く位置を変えたりしましたが、あっちこっちから光が入りギブアップです。

 

 


ハロゲン代替10Wクラスの明るいスポットライトを天井に付けています。

カウンター席から天井まで2m位しかなく、照射角度も狭いタイプのものをつけています。

これでは反射するに決まっています!

照明を担当したデザイナーは、LEDの光の特性を熟知しているとは、とても思えません。


電球は灯り、LEDは光り。この明るさの違いを知っておきましょう!

http://ameblo.jp/tsuji-pon/entry-11104620632.html 

 

でも書きましたが、明るさに違いがあります。

 

それと、消費電力が小さく省エネで、暗くなるとクレームが心配で、明るくしたがります。

 

LED照明の歴史は始まったばかりなので、あちらこちらでこの様な照明を目にします。

 

思考錯誤の連続でしょう。

 

LED照明を熟知したデザイナー出現には、もう少し時間が必要でしょうね。