LED照明にすると、年末定番の面倒な「電気の傘」のお掃除しなくていいって、ほんと?

12月30日、毎年の定番「電気の傘を掃除してよ~」と家内から・・・

面倒なんですよね!これが。

器具ごと取外して、寒い寒い外へ持ち出し、まずホコリをはらう。

そのあと、丸型蛍光灯を取り外して、雑巾でキレイに拭くんだけど、

丸型蛍光灯を取り外したり、取付けたりと、これも面倒。

寒い中での電気のお掃除は、嫌ですね~ 

 

これからLED照明が普及してくると、こんな形の蛍光灯はなくなります。

そもそも何でこんな形になったのか?

真っ直ぐな蛍光灯だと、狭い家の中では収まりが悪いので丸くして、こんな形にしたのです。

丸型蛍光灯の代替えはないの?と良く聞かれますが、おそらく発売しないでしょう。

LEDを丸型円筒状にするのはコスト高ですし、わざわざ丸くしなくてもいいのです。

厚さ2センチほどのフラットパネルを天井に取付ければいいのです。

お掃除もする必要もありませんし、寿命40000時間(約10年)なので蛍光灯を替える必要もありません。

これはオフィス用ですが、来年はもっとオシャレなものも出てくるでしょう。

でもまだまだ高いので、家庭用の買いどきは再来年くらいかな・・・

でもでも個人的なことを言うと、電気スタンドとか間接照明とかの方が好きなんですけどね。

それも電球色! 落ち着くんですよね。