昭和初期のレトロな蕎麦とカフェ「天真庵」に、調光裸電球が見事にマッチ!

 

逆さ東京スカイツリーのビューポイント、十間橋近くにある天真庵で忘年会。

 

ソフトバンク孫さんの高校の先輩であり、発足当初のメンバーでもある店主、野村さん。

戦前戦後の雰囲気を演出した、こだわりのお店。

でも毎日、ブログも書いている店主は、ほとんどLED照明に変えました。ハダカ電球を除いて。

 

 

 

 

電球生産は国の指導により、もう生産をほぼ終了。

 

ハダカ電球ももちろん生産中止。

LEDハダカ電球は夏に発売開始していましが、


ようやく調光式のハダカ電球が完成し持参しました。

 

飲食店は照明を調光式にしているところが多く、調光タイプの開発を急いでました。

でも、持参したLEDハダカ電球は昼光色6000ケルビンでしたので、お店の雰囲気に合う電球色を、今度持参することを約束。

昨夜はいい気持ちになになり、少々飲み過ぎました(笑)

ぶらりと覗いてみてください。

天真庵ホームページ http://tenshinan.jp/ 
庵主、野村さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/tenshin-an/ 
LEDハダカ電球(楽画企) http://www.rakugaki.co.jp/led%E7%85%A7%E6%98%8E-%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/led%E9%9B%BB%E7%90%83/