ハワイの自然な色にこだわるレストラン照明のLED化は、プロ泣かせ!

東京近郊の海外沿いにあり、波の音が聞こえるデートスポットに、

アイガジェットの川口氏とともにLED照明化の現地調査へ行って来ました。

自然の光どころか、松明が燃えているおしゃれなレストランに、夜の9時前に到着。

約束の時間には早すぎるので、中に入りほとんどがカップルのお客に混じり、

おじさん二人で食事をしながら待つことに。

LED照明の現地調査は工場であれば夕方、レストラン店舗であればお店が終わる時間と、

夜のオシゴトになってしまいます(涙)

レストランとテラス、それにとなりのバーとすべて松明とほぼ同じ色の照明で統一。

昼用と夜用の調光を設定して、明るさにもこだわるお店、を、
LED照明に代替えをすることは、よく知っているプロは避けて通りたくなる案件です。

ましてや市販されているような通常の電球色では、多分満足しないであろう。

おそらく、すべて特別生産品の2500ケルビンの電球色を作ることになりそう(汗)

そこはチェレンジ精神旺盛な川口はレストランの写真を見て
「行こう!現地調査に行こう!」と言いやってきました。

帰りの車で「交通費、人件費を考えたら赤字だよな~」といいつつ、やってしまうのが彼。

おそらく、すべて特別生産品の2500ケルビン電球色でないとオーナーは満足しないであろう・・・

LED照明化は、この3年ほどで急速に成長していてどこのメーカーも経験ノウハウを持っていない。

だから大変だけど、面白い! まだ、これからなので店名は伏せますが、写真をfacebookにあげたら、あそこだ!言い当てた人もいるくらい有名だそうです。