電球は灯り、LEDは光り。この明るさの違いを知っておきましょう!

灯りとLEDの光

電球は火が燃えて、周りを「明」るく「照」らします。

そう、文字通り「照明」です。

一方、LEDは半導体を光らせた明かりですが、周りを明るく照らすのは苦手です。

 

この工場の写真を見てください。

 

右は水銀灯です。
壁や天井も明るく、空間を明るく照らします。

左はLED照明です。
あまり明るくありませんね。

でも、地面を見てください。
水銀灯よりLEDの方が明るいですね。

そうLEDは「照射」が得意なのです。

電球や水銀灯は一方向を明るくするために、「かさ」をつけて反射させてます。
LEDは、レンズや導光板で周囲を明るく照らそうとしています。

 

おなじ明るさでも、こんな違いがあるのです。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。