注意!LED寿命40,000時間でも製品保証はしてない!

 

 ちょっと、その解説の前にLEDとLED照明の寿命は違います 

               (8/22 LED照明活用術)

 

 確かにLEDは長寿命です。

 

 しかし電子部品①を電子回路②にして組込んだLED照明は、そうとは限りません。

 

 

 

①電子部品の寿命は40,000時間より短いものもあります。特にキャパシターは劣化が早く、寿命10,000時間のものが多い。

 

②電子回路の設計には経験とノウハウが必要です。

 

 設計及び品質管理を徹底していない製品を、安易に輸入して販売している業者も多いのが現状です。

 

 ちょっと手前味噌ですが、当社のアイガジェット製品は、日本で基本設計をしてます。また調達が難しい(特にキャパシターなど)電子部品は日本から工場(中国など)へ支給してます。

 

 しかし、問題はもうひとつ製品保証です。

 

 寿命40,000時間と明記してあっても保証ではありません。保証内容を明記してないものもあります。長寿命などの言葉は聞こえは良いですが、保証とは違いますから注意してください。

 

 考えてみてください。1年8,760時間ですので40,000時間テストするには5年半は必要です。

 

 アイガジェット製品は、1日12時間点灯で2年間、24時間点灯で1年間の保証をしています。しかし40,000時間点灯しても故障しない設計をしています。

 概ね電気製品は1年保証が通常です。 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ウィズ・アイティ・ジャパン株式会社 (水曜日, 15 2月 2012 14:12)

    ネットで検索させて頂き、このページにたどり着きました。当社では、LED照明の40000時間保証をしております。もし、ご興味があればと思い、http://eco-ledlight.com/site/sp01.html