LED照明の色温度を知っておきましょう。

色温度
色温度

LED照明には昼光色、昼白色、電球色などの色温度が表示されています。

 

昼光色と昼白色とどう違うの?

色温度ってなに?

 

最近では店頭で実際に光を見ることが出来る販売店も多くなりましたが、なにを選べば良いのか考え込んでいる人をよく見かけます。

ゼロエネルギー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと解説します。

まず色温度とは、鉄やガラスを熱すると最初は赤く光り、徐々に白っぽくなってくるように、温度により色が変わってきますので、その色を温度というモノサシで測ったものです。

単位はケルビン(K)です。

白い光でも6000ケルビンと5000ケルビンとでは、比べてみると違いがわかります。

 

それをもっと分かりやすいように5つの色で呼称しています。白い光の方から順に昼光色、昼白色、白色、温白色、電球色と呼んでいます。(右図参照)


電球は赤みを帯びていますが、LED電球は白い光が通常で消費電力や光の強さも利点があるのですが、人工的な光なので注意が必要です。


知人のオフィスでは昼光色のLED電球をつけたところ、女性から「寒い」という声が上がり、急遽黄色系統の色を追加したそうです。「夏になったら外します。涼しく感じるから・・・」確かにそう感じるでしょう。

 

電球色は焚き火や夕日の色で暖かく感じ、心も落ち着きます。白い色が強くなると活動的になります。

 

LED電球は白い光の方が製造しやすく、安く売られている場合が多いので、昼光色を買われる方おおいのですが、落ち着かないんだよと、もう一度買い換える人もいます。

好みにもよりますが、玄関やトイレなど昼光色。リビングなどは電球色をつけるなど使い分けましょう。

 

                                                            著作:辻川英章 Hideaki Tsujikawa

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。