危ない! LED電気スタンド 選び方を間違えるととんでもないことに!

LEDがそのまま見えるLED電気スタンドを見かけました。

安いから買う人もいるんだろうな~ なんてこった!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

LED照明は大別すると電球代替え「LED電球」と、蛍光灯代替え「LED直管形ランプ」がありますが、LED電気スタンドは両方のタイプに加え、独自のスタイルのLED電気スタンドもあります。

 

もともとLEDは電気製品についている、みなさんよく見かける小さくて光が強いものです。

それを複数個並べて電球形状にしたり、横に並べて蛍光灯形状にしたりしてます。

ところがLED電気スタンドはLEDの寿命が長くほとんど切れることがなく、機器一体型を作り易いので独自のデザインの物が多いようです。

 

最近、カバーがなく裸のままいいくつか並べただけのLED電気スタンドを多く見受けられます。

安いです。でもこれでは目を痛めること必至です!

目を傷めないように、目に優しく、自然の光にするために、各メーカーはカバーを一生懸命研究しているのです。

 

LEDは安物は1個数円のものもあるので、安くできるのは当たり前です。

 

◇LEDが露出しているLED電気スタンドは避けてください。

◇電球タイプのものは電球だけ取り替えてください。

◇カバーがあるタイプのもは、手やノートなどに実際に光を当てて確かめてください。

 

私はLED電球に替えました。これで8W相当ですが十分明るく満足してます。

 

                         著作:辻川英章 Hideaki Tsujikawa

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。