<< 前の月へ  辻川ブログ 2012年2月  次の月へ >>

2012年

2月

21日

アリーナや工場の天井照明をLEDにするには、照射角度を知らないと失敗します。

先日、ある配送倉庫会社からLED照明の代替相談を受けました。

メーカーからのLED照明代替試算を見させてもらい、なんで照明の数を増やさないといけないのと、まず疑問に思いました?

それも全光束(lm ルーメン)値が高く、これじゃ節電にならないのに、どうして?

調べてみると、このメーカーは天井照明用LEDライトは1機種で、消費電力の違う3タイプのみで、それも照射角度45度のもの1種類です。 

そうです。照射角度45度では、地面全体を明るくすることできないのです。

10m以上の高い天井であれば、45度でもなんとか地面を明るくすることができるでしょう。
しかし、8mでは暗い部分もできてしまいます。

従来の照明(水銀灯など)は基本的に360度すべて明るくなり、傘をつけて下方面を明るくしてました。

照射角度は考えなくてよく、天井の高さにより明るさ(ワット)を変えるだけでよかったのです。

しかしLED照明の場合は照射角度が重要になります。

天井の高さにより数種類の照明を使い分ける必要があり、それを予めラインナップとして準備しておくことが重要になります。

まあ、今までは天井高6~8m位であれば、水銀灯を何も考えなくて付ければよかったのです。


もうひとつ空間を明るくするには、個々の状態のよるテクニックが必要ですが、そおれは今度説明します!

.......................................................................................................................................................twitterTwitter\ttttsad

twitterもやってます!
https://twitter.com/LEDlightingJP 
facebookページ「ゼロエネルギーハウス・LED照明活用術」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もしてみてください(汗)
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa . 

 

0 コメント

2012年

2月

16日

商店街の街灯を水銀灯からLEDランプにすると、東京都から4/5補助金。

ある商店街から、

「街路灯を補助金を申請してLED照明したいので、行政との打合せに参加してほしい。」

と依頼があり、参加するとともに少々調べてみました。


商店街の街路灯は、区市町村が設置しているものと思っていましたが、違うんですね。

商店街独自の街灯やシンボルゲートなどがあり、それぞれの商店街が、独自で設置。

それに対して東京都が設置費用の4/5を補助。

省エネ推進するために水銀灯からLED照明に、灯具も含めの交換も対象に!

末広商店会

 

東京都とは別に区市町村(全部かどうかは未確認)が、1/10を補助をするので補助合計は9/10になります。

毎月の電気代も大変で、今後の値上げに備えようとの依頼で、現在準備中です!!


ところで「商店街」ってどのくらいあるのか、知ってますか?

地元、江戸川区を調べてみたら、なんと80以上もあるんですね!ビックリです!

江戸川区 商店街マップ

なんで、こんなに多いのか?

商店会組合は申請すれば認可されるので、数十メートルだけの商店会もあるそうです。

でもでも、最近はシャッター通り化している商店街も多く、コンビニなどのチェーン店は、

商店会に加盟してないところもあるようで、運営も大変みたいですね。

商店街独自の自主性を大事にするのもいいのですが、もっとトータルで長期的な視野で街づくりを考えていく組織などが必要では? 都市部のスマートグリッドを推進するためにも必要ではないかと思います。

郊外のディベロッパーが計画的に開発したタウンは、スマートグリッド化は、まだ簡単なのでこちらが先に進むでしょう。

商店街 がんばれ~ 応援します!

LED照明の楽画企ホームページはこちらです!
http://www.rakugaki.co.jp/ 
twitterもやってます!
https://twitter.com/LEDlightingJP 
facebookページ「ゼロエネルギーハウス・LED照明活用術」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もしてみてください。
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa . 

0 コメント

2012年

2月

09日

【個人】契約アンペアの見直して、電気基本料金の見直しは済んでますか?

先日、我が家のブレーカーが落ちました! 節電しましょうなんて言えない(汗)

(家内部配線に問題があることが判明し、現在調査中。近日報告予定)

もろもろ調べてみると、逆に電気基本料金を下げられそうです。
夏に備えて、見直し方法を整理してみました!

まず、これが昨年8月の我が家の電気料金です。

東京電力 電気料金表

基本契約料金は50A(アンペア)、1,365円です。

昨年は、我が家でも節電に努めましたが、目標の15%に届かず12%でした(涙)

下図のように基本料金は10~60Aは10Aごとのアップしていきます。
60A以上は別途になりますが、一般家庭では60A以内が標準です。

http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/home02-j.html 

昨年の節電キャンペーンに伴い、基本契約料金を下げようとこんなニュースも流れました。

東電管内でアンペア下げ世帯急増 節電で2~5倍 - 47NEWS

東電ホームページには、今でもブレーカー不足の案内がされています。

東京電力 契約アンペアの変更

https://www3.tepco.co.jp/ccweb/DV01ADTOP.jsp 

契約アンペアを変えようとする「例年」の人は、どのくらいいるのでしょうか?
例年が少ないので2~5倍という数字になったのでは?? 
ダウンされると東電の収入減になりますからね。。。

=============================================================================================
では契約変更の手順を簡単に説明します。

①ブレーカーと家の配線図を確認

ブレーカーの扉を開くと電気基本契約アンペアの確認ができます。

そのとなりの分電盤で「1階電灯」「1階コンセント」「2階電灯」「空調」など書かれているはずです。
それぞれま◯◯Aと表示されていればベストです。

ブレーカー

我が家の配電盤には書かれていません! 欠陥住宅ですね(涙)

それと電気の配線図を用意してください。
賃貸住宅では配線図を渡されていない場合が多いのですが、大家さんから貰ってください。

大家さんにもよりますが、紛失している場合も多いので、その場合は家中の電気をつけて
おいて、
ひとつひとつブレーカーを落として確認するしか方法はありません。

東電に要求してもありません。東電は家の入口のところまでですから。



②電気機器の消費電力、例えば60W(ワット)などを書きだしてください。

例えば、
1階照明 : キッチン80W リビング60W、寝室60W・・・
1階コンセント : キッチン、電子レンジ700W トースター500W、 リビング TV70W・・・
1階エアコン : キッチン・・・

配電別に合計した数字が、配電別数字◯◯A以下になっているはずです。
この数字も書かれていない住宅もありますが、これは電気工事屋さんに確認してもらう
以外に方法はありません。

これを気軽に頼める街の電気屋さんが、最近すくないんですよね。


また余裕があるものもあるはずです。


TEPCO : わが家のアンペアチェック 

でチェックする方法もありますが、書きだしてメモにしておくことをお勧めします。

また、東電との電気基本契約は余裕をもったものになっている場合が多いのが通常です。

我が家のキッチンでもキマリは、電子レンジと電気鍋はぎりぎり大丈夫だけど、
トースターもつけるのはNG。




③東京電力へ電気基本契約の変更依頼をする。

東電、ご契約の変更 0120-995-001 へ電話して変更します。

ブレーカー変更には工事は無料ですが、家の中の配電を変える場合は電気屋さんに
頼むことになり、その場合は費用がかかります。

東電の「よくあるご質問」を参考にしてください。
http://www.tepco.co.jp/life/custom/faq/faq_03-j.html#keiyaku_faq3 

でもでも、使用しない時には消す! これが基本です!!


.......................................................................................................................................................
LED照明の楽画企ホームページはこちらです!

http://www.rakugaki.co.jp/ 
facebookページ「ゼロエネルギーハウス・LED照明活用術」はこちら!
https://www.facebook.com/LEDlighting.Japan 
私のfacebookフィード購読もしてみてください(汗)
https://www.facebook.com/hideaki.tsujikawa 
. 

1 コメント

2012年

2月

05日

今年はコレだ!『誰でも作れる、LEDデコテープでカンタン演出』LED基礎講座 DIY実践編 開催のご案内


照明のLED化で、今年注目されてるLEDテープライト。

リビングのインテリアや間接照明として、家のライティング照明として、お店の照明として、車にも、ロボットにもなんにでもデコってみませんか?
テープライトを自分で作れるDIY講座です。

こんなすごいこともできます。
http://youtu.be/NOBHXiUt0SQ

講座準備中です。
http://youtu.be/x2RZNFOSVhI

半田付けで工作しながら、自分でテープライトを点灯させてみる
作ったテープライトは、持って帰れます。
電源アダプタとテープライトがお土産でついてくる。

日時:2月21日(火)18:30~20:30  (18:00開場) 

場所:東京都千代田区神田駿河台3-7 レン新御茶ノ水ビル
 
定員:30名

参加費:2500円 自分で作ったテープライトと電源は、お持ち帰りできます。
(半田ごては、お持ち帰り出来ません) 

講師:株式会社アイガジェット代表 川口辰彦

【講座内容】
・LEDの基礎原理
・テープライトとは
・テープライトLEDを点灯させてみる
・半田付けを練習する
・コントロールの仕方
・デコアイデア解説

川口辰彦とは?
 LED照明他、あらゆる電子機器を自らのアイデアで企画開発し、台湾及び中国の提携工場に日本仕様の製造ノウハウを指導している、なんと台湾中国への渡航歴が200階を超えているエンジニア。相談を持ち込むと、その場で半田ごてを持ち出し作ってしまうLED照明の駆込み寺状態で、ショウルームと名ばかりの作業場で仕事をしています。

主催:igadget 協賛:E-powerカレッジ、楽画企

 

Facebookをやっている人は、ここから申し込みできます。右上の「参加」ボタンを押すだけ。

今年はコレだ!『だれでもできるLEDデコテープでカンタン演出』LED基礎講座 DIY実践編

 

facebookをやっていない人はココから申し込んでください。

 

 

0 コメント

2012年

2月

02日

LED照明 会社組織が導入するときの3つの悩み

東京電力が企業向け電力料金値上げを発表してから、LED照明に替えたいので試算して欲しい!と、店舗、工場、商業施設などなど飛び回る毎日です!

すると「LED照明に替えると電気代が安くなるのはわかるんだけど・・・」と3つの悩みが!

①どんなLED照明に替えたらいいの?
②費用対効果、つまり投資金額に対するリターン(利益)は?
③LED照明は高いのでキャッシュ・フロー(現金)をどうするか?リースもできないし・・・
とこんな悩みを相談されます。

それもそのはず、照明を「代替」導入は初めてのこと、それも消耗品ではなく資産計上が必要なことで、担当者も初めての経験だからです。


①どんなLED照明に替えたらいいのか?はコンサルティング営業が仕事なので基本から「解説」して、理解してもらいます。
相手の担当者は照明についてのプロでないので、結構これが大変です。

②費用対効果は『LED照明代替電力費用試算表』を作成して、10年後までシミュレーションしてあげると納得してもらえます。

問題は、
③LED照明は高いのでキャッシュ・フロー(現金)をどうするか?と経理処理対策です。

既存の照明であれば経費処理できますが、金額が高いので資産計上して減価償却の処理が必要となります。

キャッシュ・フロー対策もあり、リース会社に問い合わせると、照明は消耗品扱いでリース対象外と回答されます。

高収益を上げている企業は多くなく、経費節減でLED照明導入を検討している会社では、これで断念している場合も多いのです。

これを解消すると初年度からキャッシュ・フローがプラスになり、経理上の導入のメリットが出てきますので、導入に弾みがつきます。

昨年より金融会社何社か検討を重ねていましたが、ようやくベストな解決方法を実施する目処がつきました。

2月中にはアナウンスできそうです。

細かいブログになってしまいましたが、こんなこともやっているのです(汗)

0 コメント

2012年

2月

01日

ダウンライトをLEDに替えるときには、光の強さと照射角度に注意!

自宅近くのマクドナルドが新装開店の伴い、照明をLED化!

明るくなりました。でも明るくなりすぎ!

 


Wifiがつながるので、ひとりでカウンター席に座り、iPadをON!

でも、光が反射して画面が見えない! 

角度を変えたり、置く位置を変えたりしましたが、あっちこっちから光が入りギブアップです。

 

 


ハロゲン代替10Wクラスの明るいスポットライトを天井に付けています。

カウンター席から天井まで2m位しかなく、照射角度も狭いタイプのものをつけています。

これでは反射するに決まっています!

照明を担当したデザイナーは、LEDの光の特性を熟知しているとは、とても思えません。


電球は灯り、LEDは光り。この明るさの違いを知っておきましょう!

http://ameblo.jp/tsuji-pon/entry-11104620632.html 

 

でも書きましたが、明るさに違いがあります。

 

それと、消費電力が小さく省エネで、暗くなるとクレームが心配で、明るくしたがります。

 

LED照明の歴史は始まったばかりなので、あちらこちらでこの様な照明を目にします。

 

思考錯誤の連続でしょう。

 

LED照明を熟知したデザイナー出現には、もう少し時間が必要でしょうね。


0 コメント